トランプ・ワイキキ ホテル経営 5,000万円〜 (TRUMP WAIKIKI)

トランプタワー記事のアイキャッチ



世界的ブランド「トランプタワー」が、2009年にできました。当時のワイキキでは珍しかった新規物件かつ、ワイキキで初めてのラグジュアリータイプのホテルコンドミニアムとして注目を浴びました。10年以上が経過して、現在はファーストオーナーからセカンドオーナーへの取引が活発化しています。コロナで収入が途絶えたタイミングで売りに出すオーナー様が増えてハワイでは珍しい買い手市場のコンドミニアムです。

スクロールできます
住所223 Saratoga Road Honolulu Hawaii 96815
Googleマップ

築年数2009年
構造鉄筋鉄骨コンクリート造 総階数38階
総戸数462戸
オーナー居住率2%
土地権利所有権 Fee Simple
用途地域Hotel and Resort MIX エリア
洗濯機置場1ベッドルームから有り スタジオタイプは無し
駐車場付いているお部屋もあり 
ペットNG
アメニティーフロントデスク・コンシェルジュ・バレット
プール、ジャグジー、フィットネスジム
カフェ、レストラン
目次

トランプタワーのの価格推移

価格推移のポイント

2009年の数年間は値上がりが有りましたが、その後は値下がり傾向でした。ルームカテゴリーで分けると取引数が少ないのでグラフにばらつきが見られます。 利回りよりブランド力やステータスに価値を感じていただいて、日本からの渡航が再開されると人気も回復されるはずです。 オーナー様は日本人が多く、2020年2021年はコロナ禍でハワイに渡航が出来ないので手放される方が多かったのが印象的でした。日本人の渡航が再開されるタイミングが押し目買いかもしれません。

ハワイ不動産では一般的に中間価格(Median Price)を採用します。全取引の最低額から最高額まで並べた真ん中にある価格を指すものです。平均価格である突出して高額な取引に引っ張られないメリットがあります。

ハワイの白波

フロアプランと眺望

8階から23階までのフロアプランです。
24階以上は1ベッド・2ベッドルームの割合が多くなります。
サラトガ通り側は目の前が公園になっていて開けているのでお値段も高くなります。

フロアプランと眺望のポイント

どのお部屋も美しい眺望が期待できますができれば15階位以上のお部屋がおすすめです。
バルコニーにはホテル仕様の家具が用意されて、のんびりしたステイがお約束されています。
公園側は西向きなので綺麗なサンセットもお楽しみいただけます。

お部屋タイプ別の間取り図

スタジオタイプ

トランプワイキキ スタジオタイプの間取り図

ワンルーム 492 sqft / 約 45平米 / 約13.7坪
アジア人向けに作られていて、浴槽と洗い場が分かれているのでゆっくりお湯に浸かれます。(一部例外あり)ウォシュレット付きも嬉しいです。 ベッドはキングサイズベッドで エクストラベッドをリクエスト出来ます。 15階以上であればラナイから青い海と青い空を満喫することが出来ます。

ワンベッドルーム

トランプワイキキ ワンベッドルームの間取り図

1LDK 1,100 sqft / 約102平米 / 約30.8坪
キッチン付きのスイートルームです。 DENのソファーベッドを利用して4名様でもゆったりお泊りいただけます。 マスターベッドルームにはウォークインクロゼットと洗濯機・乾燥機、専用のラナイもあり、お客様を招くことも出来ます。

ツーベッドルーム

トランプワイキキ ツーベッドルームの間取り図

2LDK / 1332 sqft / 約123平米 / 約37坪
ワンベッドのお部屋と比べるとキッチンにバーカウンターが付いて広くなり、客間のベッドルームが付きました。 お客様同伴でハワイ旅行をお楽しみいただけます。 ラナイが狭いのが残念ですが、その分お部屋が大変広くなっています。

*間取り図はイメージで実際の縮尺とは誤差があります

コンドミニアムの周辺を散策

Googleストリートビューを利用して周辺をバーチャルに散策できます。
下の画面をドラッグして周囲を見渡してみてください。

よかったらシェアお願いします
目次