ワードビレッジとは? 特徴やおすすめのコンドミニアムなど

「ワードビレッジ」とは、新たなハワイの中心として、全米屈指のデベロッパー「ザ・ハワードヒューズ・コーポレーション」が手がける大規模な都市開発のことです。
 
 

ワードビレッジのエリアについて


アラモアナショッピングセンター西側、カカアコ地区の60エーカー(約7万坪、東京ドーム五個分)の広大なオーシャンフロントの土地を舞台に、2028年までの長期計画で20棟のラグジュリーコンドミニアムが建設される予定です。
 
 

「全てのものが手に入る街」がコンセプト。


一社により総合開発されるワードビレッジは、世界有数の建築家たちがデザインした個性豊かなラグジュアリーコンドミニアムと、それらをつなぐ遊歩道・道路・点在する公園が調和の取れた、理想の空間となります。
 
オーガニックスーパー「ホールフーズ」や日本食レストラン「NOBU」、映画館、数多くのショップやカフェが充実していて、贅沢なハワイ生活を徒歩で満喫していただける街です。
 
 

さらにオアフ島の西側よりホノルル空港とアラモアナショッピングセンターを結ぶモノレールの「ワードビレッジ駅」は、2020年完成予定のコンドミニアム「’A’Ali’i(アアリイ)」からすぐそばに建設されます。
 
 
 

ワードビレッジのコンドミニアム

現在発表されているのは次の6棟です

 
WAIEA(ワイエア)
2016年完成 / 総戸数171戸 オーシャンフロントの最高級コンドミニアム

ANAHA(アナハ)
2017年完成 / 総戸数311戸 アメニティーが充実していてアクティブなハワイライフにピッタリ

A’eo(アエオ)
2018年完成 / 総戸数466戸 1階には「ホールフーズ」居住性の高い、住まいのコンドミニアム

‘A’Ali’i(アアリイ):【お申込み受付中】
2021年完成予定 / 総戸数751戸 スタジオ・1ベッドルームが多く、単身者とスモールファミリー向け

Ko’ula(コウラ):【2019年販売開始予定】
2021年完成予定 / 総戸数565戸
 

 
 
 

付近のショップやレストラン

スーパーマーケット「ホールフーズ Whole Foods」

ホールフーズ Whole Foods 店内一周動画 : ハワイで不動産エージェントやってます|よこやまゆうたBLOG
ハワイのお買い物で人気のホールフーズ。以前はカハラ・モールへ行っていましたが、今はカカアコのコンドミニアム「アエオ」のクィーンズ店が入っていますのでとっても便利です。オーガニックで新鮮な生鮮食品や沢山の種類のワインやお酒。 パンやピザも焼きたてがチーズと

 
 
 

内覧などの記事もご参照ください

ワードビレッジ AALii アアリイ を見てきました。
...
ワードビレッジ開発エリア 最新上空写真
...