現金証明とローンプレクオ・レターってなに?

ハワイ不動産の購入で取引を有利に進めるための準備はとても重要です。バイヤー様のお手伝いをさせて頂くうえで事前に現金証明とローン銀行からのプレクオ・レターをお願いすることがあります。

現金証明とは

英語では Verification of Cash Fund と呼びご利用金融機関で発行されます。残高証明書・ご利用明細書では残高金額をセラー様へ提示することになりますが現金証明ならご希望の金額を証明書に記載することができます。

実は個人的に土地の購入を考えているので先日ファーストハワイバンクで現金証明を発行してもらいました。発行には3営業日が必要でした。費用は$15です。

Verification of Cash Fund

 

物件購入申込み後には証明書を発行する時間はない場合がほとんどです。その場合にはステートメント / 通帳の残高ページをコピーでご提出頂くか、オンラインバンキングの残高ページのスクリーンショット / 写真画像をご提出頂くことでスピーディーに取引を進めることができます。

ローン プレクオ・レター とは

現金購入の場合には現金証明が購入希望金額を上回っていれば良いのですが、銀行ローンを利用する場合にはご利用金融機関で事前承認をもらって「プレクオ・レター」を発行してもらう必要があります。 こちらのサンプルはWEBから引き出したCITIバンクのプレクオ・レターです。 物件を探している間は購入金額は分かりませんので最大のローン可能金額で作成してもらってください。 ローン金額は 購入金額の80~75%が一般的です。購入金額からローン金額を差し引いた金額が頭金の金額でこの分は現金証明が必要です。

Pre-Qualification Letter

購入希望物件が決まったらプレクオ・レターを購入金額に合わせて再発行してもらいます。プレクオ・レターは比較的すぐに出ますので、ご予算を決めるために早めにお問い合わせください。

プレクオ・レターの発行依頼方法

ローンをご利用予定の金融機関に以下の書類を持参して発行をご依頼ください。
英語では Prequolification Letter と呼びます。

  1. 写真付き身分証明書 – ハワイ州運転免許証 or パスポート
  2. U.S. VISA または グリーンカード
  3. ソーシャルセキュリティーカード
  4. 最新のペイチェック パートタイムを含む全ての仕事に関して
  5. 過去2年分の W-2フォーム (TAXリターンで提出する書類全て)
  6. 直近2ヶ月分の銀行口座明細書 頭金分の残高が必要です。
    (2ヶ月以内に高額な入出金がある場合には使徒の証明が必要です。)
  7. 既存のローン明細 – オートローン・住宅ローンなど
  8. チャイルドサポート・不動産収入などの仕事以外の収入がある場合には証明書
  9. ギフトレター 親類などから頭金を援助頂く場合に必要(雛形あります。)

5-9 はとりあえず無くてもプレクオ・レターは発行されます。物件が決まり購入申し込み後はすぐに必要になりますので予めご準備ください。

プレクオ・レターの金額はなるべく高く、期間はなるべく長くしていくのがポイントです。必要に応じて後ほど下げたり、短くできますが逆はできないときがあります。

まとめ

ハワイ不動産を購入する上でご自身に購入能力があることを証明する必要があります。ローンを利用される場合にはプレクオ・レターと現金証明の両方で購入能力を証明するところがポイントです。 頭金をご両親からサポートして頂く際には別の注意点がありますのでご相談ください。

ご希望に合うハワイ不動産が見つかるように心をこめてお手伝いさせていただきます。交渉を有利に進めるためにできる限りの事前準備をお願い致します。

その他のご購入の流れはこちらのページをご覧ください。
物件購入の流れ