ハワイ式の「方角」の呼びかた。知ってると楽しいハワイ語。

「ダイアモンドヘッド / エヴァ / マカイ / マウカ」
これだけでピンとくる方はハワイ通ですね。

 
これは、ハワイでの方角(東西南北)の特別な呼びかたです。

 
ワイキキを中心として東側にそびえ立つ 「ダイアモンドヘッド」
西側は空港の先にある有名なビーチ 「エヴァビーチ(Ewa Beach)」がそれぞれランドマークになっています。
 
「マカイ」「マウカ」はハワイ語。
「マカイ = 海に向かって」、「マウカ = 山に向かって」の意です。
 
ワイキキを中心にして南にワイキキビーチ、北にマノア渓谷。
よって、「マカイ」が南で「マウカ」は北。

 

東西南北にそれぞれ向いたときの景色で方角が表されているんですね。

 
 
コンドミニアムやホテルでも、「マウカタワー」とか「エヴァウィング」なんて棟名を見かけることがあります。これで方角が分かりますね。
 

ワイキキ・バニアンのタワーⅡは「マウカタワー」 = 山側、つまり北側です。

 
 
ハワイ旅行のときに、ちょっと注意して周りをみると、こういう呼び名を見つけられるかもしれません。
知っとくとちょっと楽しい、ハワイのローカル知識でした。

コメント

  1. […] ヴァタワー」のツインタワーで貫禄があります。 「ダイヤモンド」「エヴァ」はハワイ式の方角の呼び名です   アラモアナ通りを挟んで、正面はにヨットハーバーとアラモアナビー […]