東京スター銀行がハワイ不動産担保ローンを開始

tokyo star bank ハワイの不動産知識

株式会社東京スター銀行がハワイ不動産を担保としたローンの取扱を開始しました。
ハワイ不動産担保ローンはオアフ島のハワイカイからエバビーチまでの南岸エリアの不動産物件に対して最大で2億円まで金利2.8%で融資を行います。これから不動産を所有したいとお考えのお客様はもちろん、既に不動産を所有しているお客様の2件目のローンにもご利用いただけます。

ローンを利用できる対象者は?

東京スター銀行のローンがいままでの「西京銀行」「SBJ銀行」と異なる点の一つとして、ご利用対象者は「法人及び個人事業主の方 ※日本国籍企業、及び日本国籍の方が対象です」と書いてあります。 今までの2行は「日本国内に居住する日本人または永住許可者」

ということはハワイ在住の日本人もOKってこと? ハワイ不動産を購入される殆どの方は企業経営者か個人事業主の方ですので、日本国籍かどうかがキーポイントになります

対象のエリア・物件タイプは?

The Ritz Carlton Residence1200-700オアフ島南岸に所在する賃貸不動産の購入資金とあります。 ここもSBJ銀行が「本人もしくはご家族が利用される物件購入資金」とあくまで別荘用とされていたのに対して今回は投資目的が主になっています。物件タイプに関しては特に制限はなく賃貸不動産であることが重要なようです。

気になる金利と融資期間は?

 

でました! 年率2.8% (保証料含む)日本のローンは金利安くていいですよね。ハワイだと住宅ローンでも3.5~3.8%は覚悟しないと 投資用なら4.0%超えますよ。 ということで東京スター銀行では「同エリアに保有する賃貸不動産を担保とした他金融機関からの借り換え」も推奨しています。

注意しなけれがならないのは、融資期間が1年以上5年以内 延長のタイミングで金利が見直されます。1000万円の借り入れ 5年 2.8% 元利均等返済 で 毎月 約18万円のお支払い。

 

お手続きの流れ。

Meeting

 

 

 

 

 

 

ローンのお手続きはすべて日本で行うことができます。 更には外送金も一括して行えるので便利。 物件購入のための契約が締結されましたら、私からご融資担当者様へ必要書類をお届けします。 必要書類が多岐にわたる場合がほとんどです。審査書類に関しては事前に担当者様へご相談ください。

 

 

こんな方にオススメ

ハワイ不動産をご自身の資金で購入済みの賃貸不動産を担保にバックファイナンスというのが手持ちの不動産を増やす新しい方法に加わります。買い替えとは違い駒が増える分リスクヘッジにも繋がります。 減価償却費が多く出せるハワイ不動産なら金利分も経費に含めて税金面でもメリットあります。(節税に関しては会計士さまへご相談ください)

 

ハワイ不動産担保ローンを利用して「夢のハワイ別荘」を手に入れてください。
素敵な物件探しは私の得意とするところ。たくさん物件回りして納得の不動産を手に入れてください。

東京スター銀行プレスリリースはこちらから