ハワイ不動産購入時の必要経費は意外と安い?

money and house ハワイの不動産知識

 


おとといご案内させていただいたお客様とハワイ不動産購入時にかかる必要経費に関して説明差し上げると、1%でいいの?という反応が。ハワイ不動産購入では「印紙税」「不動産取得税」「都市計画税」「不動産仲介手数料」はかかりませんので日本の不動産購入時のと比べて費用は抑えられるのです。

ハワイのすべての物件は、MLS(Multiple Listing Service) という全島共通のデータベースに掲載されています。ご紹介させていただくMLSに掲載された物件をご購入の場合には買い手には手数料はかかりません。また不動産取得税などもありません。

ご購入の際には第三者機関のエスクローが購入資金の管理を行います。エスクローとは日本の取引にはない、司法書士、信託銀行、抵当権調査、抹消手続、登記準備を中立な立場で登記までお手伝いする私立の期間です。このエスクローあてにお客様は購入資金を送金いただくことになります。

money and house

ハワイ不動産購入にかかる必要経費は以下のとおりです。

●購入物件の権利調査、レポート費

●購入物件権利書に対する保証保険のプレミアム

●登記準備の各書類作成料

●公証人費用

●物件の管理会社への名義変更料の徴収

●管理費、固定資産税などの日割り計算分と登記後1ヶ月分の徴収

●エスクロー会社手数料の50%(買い手と売り手の折半)

●購入物件の家屋調査士による建物調査費(オプション)

●通信、郵送費

●ローンを利用する場合には、鑑定費やローン会社費用


上記を含め物件購入価格の約1%程度を経費の目安としてご予定ください。


50万ドルの物件では 約5,000ドル 

1ミリオンの物件では 約10,000ドル をご予定ください。

______________________________________

ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

是非こちらも御覧ください。

ハワイ不動産の魅力 〜なぜ不動産投資にハワイが向いているのか

コンドミニアム購入の流れ 〜ご満足いただけるよう一生懸命お手伝いします

ハワイ厳選物件情報 〜エリアごとに最新物件をご覧いただけます

ご質問や物件案内リクエストはお問い合わせフォームよりお願いします。