ワイキキエリアの特徴・おすすめコンドミニアムなど

世界有数の観光地でありハワイ州経済の中心地。それがワイキキです。
美しいビーチとレストラン・ショッピングエリアは昼夜を問わず活気に満ち溢れています。

ワイキキビーチとアラワイ運河に囲まれた限られた土地に、所狭しとホテルとコンドミニアムが立ち並んでいることから、いかにこのエリアが人気かを物語っています。

ワイキキのコンドミニアムの特徴

物件の「価格」「広さ」ともに選択肢が広いのが特徴。
ホテルの一部屋を所有することができるホテルコンドミニアムは、2,500万円前後より見つけることができます。


アイランドコロニー 1ベッドルーム(2,500万円前後)

アイランドコロニー 1ベッドルーム キッチン

単身者が多いワイキキでは賃貸物件が慢性的に不足していますが今後も増える見込みは無く、スタジオタイプやワンベッドは古い物件でも長期賃貸の需要があります。

よこやまゆうたがおすすめする「ワイキキのコンドミニアム ベスト3」

アイランドコロニー(Island Colony)

ワイキキの中心で好立地。長期賃貸は日本人単身者に人気。ホテル仕様の物件はそのままホテルとして貸し出すことも可能です。2017年に改装されたプールは必見。


[参考価格帯]
スタジオタイプ 約300sqft (27.87㎡):$250,000 ~ $300,000 (2,750万円〜3,300万円)
ワンベッドタイプ 約560sqft (52.02㎡):$400,000 ~ $450,000 (4,400万円〜4,950万円)

ワイキキバニアン(Waikiki Banyan)

パーキング付きの物件ならワイキキバニアンがオススメ。広いお部屋ではソファーベッドを利用して5名の宿泊も可能。ホテル仕様の物件はそのままホテルとして貸し出せます。借地権付き物件もあるので注意が必要。


[参考価格帯]
ワンベッドタイプ 約530sqft (49.24㎡):$550,000 ~ $650,000 (6,050万円〜7,150万円)

イリカイ(iikai)

ワイキキを代表するホテルコンドミニアム。ブリッジを利用してビーチに出られるオーシャンフロント物件は世界中の投資家と旅行者に人気の物件。アラモアナショッピングセンターも徒歩圏の好立地。築47年以上のコンクリート造なので節税効果も期待できる。


[参考価格帯]
ワンベッドタイプ(海側)500sqft (46.45㎡):$700,000 ~ $850,000 (7,700万円〜9,350万円)
ワンベッドタイプ・ホテル仕様(23~25階 海側)500sqft (46.45㎡):$980,000 ~ $1,000,000 (1億780万円〜1億1,000万円)※街側のお部屋はもう少し価格が下がります。

 

付近のショップやレストラン

 

ワイキキのスナップ

 

View this post on Instagram

 

Waikiki Sunset!!!

Yuta Yokoyamaさん(@yuta_yokoyama_hawaii)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

3min walk from Ilikai Hotel

Yuta Yokoyamaさん(@yuta_yokoyama_hawaii)がシェアした投稿 –