少額から始めるフリップ投資でこつこつハワイ不動産を育てる。

フリップ(Flip)とは、日本で言うところのリノベーション。
つまり、改装して物件内部を綺麗に整えることで付加価値をつけようというものです。ここでは少額から始められるフリップ投資の流れとコツを紹介します。
 
 

そのままでも売れるが、さらなる付加価値でさらなる利益を

文化的にハワイは日本のような新築至上主義ではありません。古くても良い物件があることをみんな知っているのです。
加えてハワイは土地に限りがあり、また世界的にも人気のあるリゾート地。
 
中古住宅が売買の中心でありながら、中古市場もいつも在庫不足というわけです。
 
そのゆえに投資用物件は多少古びていても、安めに値付けをすればすぐに買い手が見つかります。
そこへ、さらに手間をかけて改装し見栄えを良くすれば、改装費用を差し引いても利益を出すことは難しい事ではありません。
 
不動産投資は「時間かける」or「手間をかける」です。フリップ投資は短期勝負、1年〜2年で購入した物件を改装して転売していきます。
 
 

フリップ投資で狙いたい物件と、手に入れるコツ

戸建てよりコンドミニアム。狭い方が改装費用が抑えられます。
洗濯機はなくてもOK! 修理や交換の心配もいりません。
 
狙い目は2,000万円台のホテルコンドミニアム。もともと貸す目的で購入しているので修繕せずにレンタルを継続させる事も少なくありません。

長い間修繕されていない物件は安値でマーケットに出ることがありますが、数日で売れてしまいます。
フリップ投資に限った話ではないですが、情報収集と(主に決断の)スピードが大事です。 
 
 

フリップ投資の流れ

  1. 希望のコンドミニアムを絞って、購入予定価格を決めます。
  2. ハワイご滞在時に物件を視察して、銀行口座を開設しておきます。
  3. 条件にあう物件があればオファー申し込みします。
  4. なければ、条件にあう物件が出るまで待ちます。
  5. オファーが通り契約が成立しましたら登記まで通常の流れとなります。
    >>>ご購入の流れ
  6. 改装業者を決めて見積もりを確認します。
  7. 登記後に改装がスタートとなります。
  8. 改装後に売却希望価格を決めて売り出します。
  9. 同時にレンタルをして家賃収入を稼ぎます。

 
フリップ投資は利益が保証されていませんが、家賃収入のインカムゲインにより、損益分岐点が時間とともに下がっていくのが魅力です。賃貸需要の高い物件、特にホテルコンドミニアムがオススメなのはそのためです。
 
投資期間中は「権限保険」「オーナー保険 HO6 」により資産は守られます。ハワイ旅行の際にはご宿泊いただくことも可能です。