おすすめコンドミニアム カタログ

私、横山ゆうたがおすすめするコンドミニアムをカタログ形式で紹介します。
ハワイ物件探しの参考に、どうぞ。

所属オフィス HOMETIQUE

ワイキキ

ハワイ観光の中心地。別荘向きのコンドミニアムとホテルコンドミニアムとがあり、古いコンドミニアムほど好立地に建っています。

アラ・モアナ

拡大を続けるアラモアナショッピングセンターを中心に、高級コンドミニアムが続々と登場しているエリアです。

カカアコ

アラモアナショッピングセンターとアラモアナ・ビーチパークに隣接する区画(通称スーパーブロック)を中心に、高層の高級コンドミニアムが立ち並ぶエリア。

ワード
ビレッジ

ハワード・ヒューズ社が手がけるワールドクラスの再開発プロジェクト。数少ないオーシャンフロントのエリアに「すべてがここで手に入る街」が誕生します。

ゴールド
コースト

ダイヤモンドヘッドの麓にあるオーシャンフロントエリア。建築基準法の制定前に建てられた既得権益物件以外、周囲に高層の建物が建てられないのが特徴。

 

 

ハワイ大好き!旅行で使えるホテルコンドミニアムが欲しい!

ハワイ好きで年数回は行く。でも繁忙期には希望のホテルが取りづらいし、仮に別荘があればハワイをもっと自由に楽しめるかな? そんな方は、使わない期間は貸し出し、維持費を家賃収入で補える「ホテルコンドミニアム」はいかがでしょう。

広い部屋が希望。眺望も大事! 別荘は誰にも貸したくない。

ホテルは狭くてゆっくりできない。別荘を持ったら荷物も置いておいて、手ぶらでハワイ旅行楽しみたい。そんな方には居住性の高いコンドミニアムがオススメです。

バケーションホーム 予算はズバリ5,000万円以下

ハワイ不動産をご検討いただくと「思っていたより高い。やっぱりハワイはすごいね。」とよく耳にします。でも諦めるのはまだ早い。予算と立地に焦点を絞って居住用コンドミニアム・ホテルコンドミニアムの両方で探しましょう。

法人名義で購入して、福利厚生の一環で従業員とも共有したい。

法人名義での購入も可能。従業員のみならずお得意様にご利用いただいたり、日本サイドでバケーションレンタル業務を行う会社様も少なくありません。過去の事例も合わせてご紹介させていただきます。

ハワイ不動産の将来性に期待。投資一本でリサーチ

安定したUSドルへの資産移動をご検討の方にはインフレヘッジもできるハワイ不動産が人気です。需要が高いワイキキでは長期賃貸で安定した家賃収入を得ることも可能。利回り重視のホテル投資物件などをご紹介いたします。

税理士さんにコンクリート造築47年以上が良いと言われた。

ハワイ不動産は土地に限りがあるため、中古住宅が売買の中心です。築年数50年60年も珍しくなく、日本の減価償却・簡便法を利用することで、安定した家賃収入を得ながら、帳簿上は赤字収支になることも。

少額から始めるフリップ投資でこつこつハワイ不動産を育てる。

ハワイは中古不動産も在庫不足のため、投資用物件はそのまま転売しても安値ならばすぐに買い手がつきます。さらに手間をかけて見栄えを良くすれば、改装費用を差し引いても利益を出すことは難しい事ではありません。フリップ投資は短期勝負、1年未満で購入した物件を改装して転売していきます。少額から始められるフリップ投資の流れとコツを紹介します。