私が所属するオフィス「HOMETIQUE」オフィシャルサイトより、
ハワイで不動産を購入する事のメリットと将来の夢をご紹介いたします。

ブティックの様に洗練され細かいところまでサービスの行き届く不動産会社を目指し、
日本からのお客様には英語の心配もないように配慮。
お客様一人一人のニーズをじっくりコンサルティングしたカスタムメイドの物件紹介。
お客様の立場で一生懸命お手伝いいたします。

世界屈指のリゾート地ハワイに「住む」ということ
〜なぜ不動産投資にハワイが向いているのか〜
ハワイは日本人だけでなく世界中の人々が憧れる最高のリゾート地です。
何より貴重なのは1年中温暖な気候。それに加えてアメリカの中でも治安が良く、南国故か人々はゆったりとした時間を過ごし、誰にもフレンドリー。海も山も近く、世界的なブランドが集うショッピングスポットも兼ね備える、まさに自然と都市が共存する街。それがハワイなのです。
日系移民が多い歴史を持つために、神社が合ったり、米食が一般的だったりと日本の文化が浸透していることも、私達日本人にとっての「住みやすさ」を作り出しています。日本での生活環境をそのままに最高のリゾート環境で生活できるのです。距離的にも日本から近く行き来には便利ですし、文化的にもアメリカと日本との間と言えます。
また、ハワイはアメリカの州です。ご存知の通りアメリカは世界有数の先進国で、通貨の中でもドルの安定性は世界一と言われています。不動産を売却するときの所有権の保持や契約の維持なども安心できます。アメリカ国内でもハワイの人気は高く、年間700万人以上の観光客に加え、退役軍人、学生などの多くの人が集まる場所です。その故に不動産の価値が下がりにくいのです。
ハワイは島ですので、一般不動産(一戸建て、コンドミニアム)を立てられる土地が限られています。憧れのリゾート地の限られた物件を世界中の人々が求めている状況ですので、価格が急落する可能性は考えづらく、過去のデータを見ても(グラフ参照)これまでの不動産価値は上がっています。されに近年、また不動産価格は上昇傾向にあります。賃貸に出す場合には、長期滞在社、留学生、軍関係者などが多いので部屋の稼働率は高く、不動産投資をお考えの中にとっては空室リスクが低くなります。
海外に不動産を購入したいとお考えの方にとって、これ以上の条件が揃った場所は他にはありません。
ハワイは全8島から成りますが、一般的には政治経済の中心となるオアフ島、最大の大きさを持つハワイ島、他にマウイ島、カウアイ島、ラナイ島、モロカイ島の6の島が知られています。どの島も年間を通じて温暖な気候でゴルフやマリンスポーツなど豊富なアクティビティ、自然の豊かさなどが観光客をひきつけています。
なかでも不動産物件が豊富で日本人に人気の高いのがオアフ島。南に位置する観光の中心ワイキキ、その隣のアラモアナ、カカアコは最新コンドミニアムが建設ラッシュとなっています。最近観光客に人気の高い東地区「カイルア」ラニカイや西地区「コオリナ」北地区はサーフィンの聖地「ノースショア」など、街によって様々な顔を持ちます。長年新築物件のなかったワイキキにも「リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキ」が建設されるなど、新しい動きがあります。カカアコ地区にはホノルルでは数少ないオーシャンフロントの立地を持つ「ワードビレッジ」が計画進行中です。「すべてがここで手に入る街」をコンセプトのもと、全米屈指のデベロッパー、ハワード・ヒューズ社が手がける大規模プロジェクト。2018年5月にオープンしたホールフーズ・クィーン店もこの中にあります。
ますますホットなハワイ不動産
それぞれの魅力を持った物件の多いのもハワイの特徴。最近は需要が供給を上回り、不動産物件が市場に出てから成約までの期間がどんどん短くなる傾向にあります。これだけの条件と魅力を備えた場所ですから、常に即断即決、「いいな」と思ったときが買い時です。
ホノルル不動産協会より取引中間価格の推移 [青線=一戸建て / 赤線=コンドミニアム]